カルナウバろう(英語表記)carnauba wax

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルナウバろう
carnauba wax

ブラジル産のヤシ科の植物の1種 Copernicia ceriferaの若葉や葉柄を乾燥し,その表面に生じたろうをかき落して熱湯で処理し固めたもの。脂肪酸とアルコールから成るエステルが主成分。融点が 80℃前後と高く硬質。緑色または黄色を呈する。つや出し剤,塗料,カーボン紙,化粧品などに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

カルナウバろう

 植物由来のろうの一つで,ヤシ目ヤシ科のカルナウバ[Copernicia prunifera]の葉から分泌される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる