コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルボキシル化

2件 の用語解説(カルボキシル化の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

カルボキシル化

 化合物にカルボキシル基,すなわち-COOHを導入すること.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルボキシル化
かるぼきしるか
carboxylation

広義には、炭化水素の骨格にカルボキシ基(カルボキシル基)-COOHを導入する反応をいう。たとえば、グリニャール試薬二酸化炭素を反応させてカルボン酸を得る反応、フェノールアルカリ金属塩と二酸化炭素を加圧下で反応させてサリチル酸にするコルベ・シュミットKolbe-Schmitt反応などがこれにあたる。
 狭義には、レッペのカルボキシル化反応をいう(カルボニル化ということも多い)。このカルボキシル化はアセチレン系またはエチレン系炭化水素とニッケルカルボニルとを反応させるか、または、触媒の存在下でこれらの不飽和炭化水素に一酸化炭素を反応させて、カルボン酸誘導体を合成する反応である。代表的な例は、アセチレンとニッケルカルボニルを酸性下で水またはアルコールの存在下で反応させてアクリル酸またはそのエステルを合成する過程であり、改良レッペ法の製造工程ではアセチレン350キログラム、一酸化炭素320立方メートル、メタノール(メチルアルコール)380キログラムから1トンのアクリル酸メチルが得られる。
[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルボキシル化の関連キーワードカルボキシル基カルボン酸ケト酸オキソ酸オキシカルボン酸カルボキシルアミノ酸デカルボキシラーゼ極性基ジカルボキシルアミノ酸尿ビタミンK依存カルボキシラーゼ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone