コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルルス泉塩 カルルスセンエン

2件 の用語解説(カルルス泉塩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カルルス‐せんえん【カルルス泉塩】

《〈ドイツKarlsbader Salz》チェコ西部カルロビバリドイツ語カルルスバート)の鉱泉を蒸発させてとった結晶。人工的には硫酸ナトリウム重曹・食塩・硫酸カリウムを加えて製した白色の粉末。緩下剤とする。カルルス塩。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

カルルスせんえん【カルルス泉塩】

チェコ西部、カルロビバリ(ドイツ名カールスバート)鉱泉の温泉の水分を蒸発させて得られる結晶。飲用・浴用・治療用に活用された。人工カルルス泉塩は緩下薬・消化薬として用いられる。カルルス塩。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

カルルス泉塩の関連キーワードアブラウムザルツ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone