消化剤(読み)しょうかざい

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうか‐ざい セウクヮ‥【消化剤】

〘名〙 食物の消化を促進するために用いる薬剤。消化液の分泌を促進して間接的に補充するもの、直接補充するものなどが含まれる。ジアスターゼ、パンクレアチン、ペプシンなど。
※奇想凡想(1920)〈宮武外骨〉鮒にて感電者を活す法「大根おろしにヂヤスターゼの含有あるが為め消化剤(セウクワザイ)によいと知れたなど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消化剤
しょうかざい
digestant

食物の消化作用を補うために使用される薬剤家庭薬の大部分を占めている。胃腸内の消化液不足を直接,間接に補うもの,間接にその分泌を高めるもの,中和剤 (重曹,五ケイ酸アルミニウム剤) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android