コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルルス

世界大百科事典 第2版の解説

カルルス

北海道南西部,登別市にある温泉。登別温泉の北西約5kmに位置し,登別温泉からオロフレ峠を経て洞爺湖温泉にいたる道路がここを通る。千歳川と呼ぶ小河川上流部にある爆裂火口底にある温泉で,泉質はボウ硝泉,セッコウ泉,泉温62℃。カルルスとは泉質が似ているチェコスロバキアの温泉保養地カルロビ・バリ(ドイツ語名カールスバート)にちなんだもので,1898年に開かれ,湯治場として利用された。1957年国民保養温泉に指定された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カルルスの関連キーワードニュ・カルルスベア・グリュプトテケットユング=シュティリングカルルスバートの決議エントウーリティックライツェンシュタインカルル・フリードリヒスプルデルスタイン支笏洞爺国立公園ワインブレンナードゥブリアン一家ケールロイターW. ヘリパハベルムランド県ブレーキンゲ県マントイフェルケフィソドトスカルロビバリ北海道登別市カルルス泉塩ラパキヴィ岩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルルスの関連情報