カルルス

世界大百科事典 第2版の解説

カルルス

北海道南西部,登別市にある温泉。登別温泉の北西約5kmに位置し,登別温泉からオロフレ峠を経て洞爺湖温泉にいたる道路がここを通る。千歳川と呼ぶ小河川上流部にある爆裂火口底にある温泉で,泉質はボウ硝泉,セッコウ泉,泉温62℃。カルルスとは泉質が似ているチェコスロバキアの温泉保養地カルロビ・バリ(ドイツ語名カールスバート)にちなんだもので,1898年に開かれ,湯治場として利用された。1957年国民保養温泉に指定された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android