コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千歳川 ちとせがわ

3件 の用語解説(千歳川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千歳川
ちとせがわ

北海道南西部を流れる川。支笏湖に源を発して東流し,千歳市で平地に出て北流し,江別市で石狩川に注ぐ。全長 74km。流域面積 1244km2。下流は江別川と呼ばれる。水量が豊富で,上流には千歳第一発電所をはじめ5つの発電所が建設されているほか,中流にはサケ,マスの人工孵化場がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちとせがわ【千歳川】

北海道南西部,支笏(しこつ)湖から東流する石狩川水系の川。千歳市街で北に流れをかえ,江別市で石狩川に合流する。長さ74km,流域面積1030km2。水量が豊富で,湖口から16kmの間に四つの発電所があり,王子製紙苫小牧(とまこまい)臨海部の工場に電力を供給している。上流部は古くからサケの捕獲地であり,千歳市街の上流8kmの地点に1888年開設の北海道サケ・マスふ化場千歳支場がある。下流部では工業・農業用水として利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千歳川
ちとせがわ

北海道南西部を流れて石狩川に合流する川。支笏(しこつ)湖東岸から流出し、支笏火山扇状地を流下して千歳市内に入り、長沼の低地を蛇行しながら北流し、旧夕張(ゆうばり)川と合流して江別川となり、江別市内で石狩川と合流する。延長73.8キロメートル。湖水を水源としているので水量が一定し清澄である。湖畔から千歳市の間に五つの発電所があって王子製紙(株)の動力源になり、また千歳市郊外にサケ・マス孵化(ふか)場がある。中・下流では灌漑(かんがい)、工業用水として利用される。[奈良部理]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千歳川の関連キーワード倶多楽湖支笏洞爺国立公園勇払川支笏湖温泉休暇村支笏湖支笏湖ユースホステル支笏の秘水奥尻[町]大滝〈村〉北海道千歳市支笏湖温泉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千歳川の関連情報