洞爺(読み)とうや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洞爺
とうや

北海道南西部,洞爺湖町北部の旧村域。洞爺湖北岸に位置する。 1920年虻田村から分離して洞爺村が成立。 2006年虻田町と合体して洞爺湖町となった。地名はアイヌ語のトヤ (湖水に面する肥沃の丘の意) に由来。火山灰土の丘陵地帯と湖岸の低地で,テンサイ,ジャガイモなどの栽培やウマ,肉牛の飼育,養豚などが行なわれる。南部の洞爺湖沿岸一帯は支笏洞爺国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洞爺
とうや

北海道南西部、胆振(いぶり)支庁(現、胆振総合振興局)管内にあった旧村名(洞爺村(むら))。現在は虻田(あぶた)郡洞爺湖(とうやこ)町の北部を占める地域。2006年(平成18)、虻田町と合併して洞爺湖町となる。旧村名はアイヌ語トウヤ(湖岸の意)による。当地は洞爺湖の北岸に位置する農村地帯で、羊蹄山麓(ようていさんろく)から続く北部高原地帯はジャガイモ、サトウダイコンを主体とする畑作地、湖岸の狭い平地や湖成段丘上は米作や果樹栽培のほか、酪農や馬の飼育もみられる。支笏(しこつ)洞爺国立公園内にあり、湖岸は落ち着いた保養地で、国道230号沿いにロッジや展望所がある。洞爺外輪山にあたる観湖台から洞爺湖を一望でき、付近の梅林も著名である。湖畔ではキャンプ、カヌーなどのアウトドア・スポーツが楽しめる。[奈良部理]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洞爺の関連情報