コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロタイプ

百科事典マイペディアの解説

カロタイプ

1841年タルボットが発明したネガ(紙ネガ)からポジを得る最初の写真法。タルボタイプとも。硝酸銀溶液を含浸させた紙をヨウ化カリウムで処理して紙上にヨウ化銀を生成させ,酸性没食子硝酸銀液で感光性を高め,これを感光板として撮影。酸性没食子硝酸銀液で現像,臭化カリウム溶液で定着してネガを得,印画紙に焼き付けてポジをつくる。
→関連項目アダムソン写真ヒル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

カロタイプ【calotype】

ネガ-ポジ法を用いて初めて複製を可能にした写真術。ヨウ化銀を使った紙ネガから同様の紙にプリントする。イギリス人のタルボットが1840年に発明。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のカロタイプの言及

【写真】より

…彼女の写真は今でいうクローズ・アップの手法を用いた先駆でもあるが,〈人物の内面性〉をとらえていることで高い評価を得ている。その評価の一端は,彼女の用いたカロタイプcalotype(またはタルボタイプ)という写真術に負うものであった。この方法はW.F.タルボットの考案によるもので,紙の上に感光材料を塗って撮影し,これを現像した後,再び同じ感光紙にプリントするので,何枚も同じ写真の複製を作ることができた。…

【タルボット】より

…ケンブリッジ大学出身。フランスのL.J.M.ダゲールの銀板写真発明の数年前から写真の研究を開始し,1841年,カロタイプ,後にタルボタイプと名付けた紙写真法をローヤル・ソサエティで発表した。タルボタイプは紙に硝酸銀水溶液を塗って乾かし,次にこれをヨウ化カリウム水溶液に浸してヨウ化銀結晶を紙の上に作る。…

※「カロタイプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カロタイプの関連キーワードアーチャー(Frederick Scott Archer)ロビンソン(Henry Peach Robinson)ヒル(David Octavius Hill)ポートレートイギリス人写真術カメラ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android