コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワーキビー カワーキビー al-Kawākibī

3件 の用語解説(カワーキビーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カワーキビー
カワーキビー
al-Kawākibī

[生]1849. シリアハラブ
[没]1903
イスラム近代の思想家民族主義者。反トルコの立場からアラブ民族独立の思想を説き,アラブと非アラブをきびしく区別して,イスラム教徒であっても他民族は排除すべきであるとする汎アラブ主義を唱えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カワーキビー【al‐Kawākibī】

1849‐1902
シリアのアラブ民族主義思想家。アレッポの名門の出身で,ムハンマド・アブドゥフの弟子。オスマン帝国政府の官吏を経て文筆活動に入る。アブデュルハミト2世の専制を厳しく批判するジャーナリズム活動のため拘禁されたが,結局1898年シリアを追放されてカイロに移住,イスラム改革の論陣を張る《マナール》誌の寄稿家となり,さらにイエメンザンジバル等をも広く旅行した。イスラムにおけるアラブと非アラブの区別を強調し,キリスト教徒ユダヤ教徒も含めてアラブの団結と急進的な改革とを主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

20世紀西洋人名事典の解説

カワーキビー
Al Kawākibī


1849 - 1902
シリアの思想家。
アレッポ出身。
アラアブ民族主義思想家。名門の出身でムハンマド・アブドゥフの弟子。オスマン帝国の官吏をした後、文筆活動をする。アブデュルハミト2世の専制をジャーナリズムで厳しく批判した為拘禁され、1898年にシリアを追放されカイロに移住し、イスラム改革の論陣を「マナール」誌で張った。イエメン、ザンジバル等も広く旅行した。キリスト教徒、ユダヤ教徒も含めてアラブの団結と急進的な改革を主張した。著作に「専制の性質」「メッカ」等がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カワーキビーの関連キーワードアレッポ城スラブ主義汎スラブ主義民族主義バアス党アラブ民族主義アディーブ・イスハークサーティー・アルフスリーアラブ民族運動シリア民族主義党

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone