カンザブロウノキ(読み)かんざぶろうのき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンザブロウノキ
かんざぶろうのき
[学]Symplocos theophrastaefolia Sieb. et Zucc.

ハイノキ科の常緑小高木。樹皮が滑らかで灰白色なので鹿児島県北部ではダイコンノキとよぶ。葉は互生し、長楕円(ちょうだえん)形、長さ10~16センチメートル、両端がとがり、縁(へり)に波状の低い鋸歯(きょし)があり、革質で光沢がある。8~9月に葉より短い穂状花序をつけ、白色の小花を開く。果実は壺(つぼ)状で小さく暗紫色に熟す。静岡県以西の本州、四国、九州、沖縄、台湾、中国大陸の暖地に分布する。名の意味は不明。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android