コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンティンフラス Cantinflas

世界大百科事典 第2版の解説

カンティンフラス【Cantinflas】

1911‐93
メキシコの喜劇俳優。本名マリオ・モレノMario Moreno。1936年,映画へデビュー,《そこに彼女がいる》(1940)で人気を博す。愛敬ある口ひげ,垂れ下がっただぶだぶズボン,それに独特の話し方で,メキシコの下町の人間をみごとに演じている。その笑いとペーソスには独特の味わいがあり,《80日間世界一周》への出演によって国際的にも有名になった。【高山 智博】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

カンティンフラス
Cantinflas


1911 -
メキシコの喜劇俳優,軽業師,プロボクサー,闘牛士。
俳優協会会長。
本名Malio〕 マリオ〔Moreno モレノ。
1936年映画へデビューし、’40年「そこに彼女がいる。」で人気を得る。愛敬ある口ひげ、だぶだぶズボン、独特の話し方でメキシコの下町の人間をみごとに演じる。’56年ハリウッド映画「八十日間世界一周」に主演、この作品で国際的に有名になる。のち帰国し俳優協会会長。その他の出演作「カンティンフラスのボクは二枚目」(’58)、「ペペ」(’60)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android