コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カージフ カージフ Cardiff

2件 の用語解説(カージフの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カージフ(Cardiff)

カーディフ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カージフ
かーじふ
Cardiff

イギリスを構成する連合王国の一つウェールズの首都。ウェールズ南部にあり、ウェールズの政治、文化、商工業の中心都市。人口30万5340(2001)。市街地ブリストル湾に注ぐタフ川の河口に臨み、重要な港湾をもつ。市の起源は、紀元75年、ウェールズ人を統治するべくローマ人がタフ川の河口に砦(とりで)を築いたときにさかのぼる。しかしローマ人の撤退後は廃墟(はいきょ)となり、砦の再興は征服王ウィリアム1世の治世(1066~87)になってからである。再興の歩みは遅かったが、産業革命により発展の契機をつかんだ。その原動力となったのは、内陸に広がる炭田である。産業革命の進行とともに石炭の積出し港として、またコークス炭を原料とする鉄鋼業地として、急速な発展が始まった。港湾施設などに積極的な投資をしてその発展を促進した功労者が、3代にわたるビュート伯爵Earl of Buteである。石炭業の最盛期には世界一の石炭積出し港となり、年間約600万トンを積み出した。いまや石炭ブームは終わったが、工業は多様化し、機械、化学、製紙、醸造などの工業も立地する。1897年以来、都心地区は緑地帯をたっぷりとって計画的に建設され、市役所、裁判所、ウェールズ政庁、ウェールズ大学、ウェールズ国立博物館が整然と配置されている。その他、市街地の中心部にはミレニアム・スタジアムがあり、1999年に行われたラグビーのワールドカップのメイン会場となった。市民には石炭ブーム時代に移住してきたアイルランド系住民が多い。[久保田武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カージフの関連キーワードカーディフカーオーディオゾーンディフェンスディフェンスラインディフェンダーカージフ城カーディフ城シャトーディフディフェンシブシャローディフェンス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone