カートリッジ(読み)かーとりっじ

  • cartridge

デジタル大辞泉の解説

本体に容易に着脱できる交換用の小さな部品。
万年筆にはめ込むスペアインクの入った小筒。→コンバーター5
カメラに装塡(そうてん)するフィルムを巻いて包んだ容器。
レコードプレーヤーピックアップの先端に取り付ける部品。の運動を電気信号に変えるもの。MMカートリッジMCカートリッジなどの種類がある。フォノカートリッジ
装置にそのまま入れるビデオテープや光ディスクなどを所定のケースに収めたもの。
プリンターや複写機などで、本体にはめ込んで使う消耗品の部分。インクカートリッジ、ドラムカートリッジなど。
弾薬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

レコードプレーヤーのアームの先にとりつけ、溝をなぞった針の動きを電気信号に変換する部品。
万年筆の軸に容器ごととりつける交換用インク。
テープ・フィルムなどを、ケースごと機器に装着するためにケースに入れたもの。
弾薬筒。
薬包。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

(1) レコード盤音溝振動波形を,忠実に電気信号に変換する装置。針先を支えるカンチレバや,マグネットコイルなどから成る。発電方式により,電磁型,動電型,圧電型,静電型,半導体型,光電型などの種類がある。レコードプレーヤシステムにおいてスピーカと同じように,音質を決める大きな要素である。 (2) ビデオテープまたはオーディオテープをケースに収めたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (cartridge) はめ込み式の取り換え部分。
① レコードプレーヤーのピックアップの一部分。レコードの溝と接触する針先、振動を電気に変換する発電機構、それらを結合するカンチレバーから成る。
② 発射薬の入っている弾薬筒。
③ 万年筆のスペアインクの筒。
④ カメラにつめるためのフィルムの容器。
⑤ 器具・機械などの一部として、粉末・液体・気体などを入れる、差し替え自由の容器。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カートリッジの関連情報