コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発射薬 はっしゃやくpropellant

翻訳|propellant

5件 の用語解説(発射薬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発射薬
はっしゃやく
propellant

装薬ともいう。大量の高温ガスを発生させ,その圧力により弾丸,ロケットなどを発射させるのに用いる火薬。弾丸などの発射薬には黒色火薬無煙火薬が用いられるが,最近では改良されたものが多種類ある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

発射薬【はっしゃやく】

弾丸を発射させるために使用する火薬。銃砲の薬室内で燃焼させ,発生する高圧ガスの圧力を利用して物体を発射させる。かつては黒色火薬が使われたが,現在はふつう無煙火薬が用いられる。
→関連項目火薬無煙火薬

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はっしゃやく【発射薬 gun propellant】

銃砲の薬室内で燃焼し,発生したガス圧によって物体を発射するために用いられる火薬。黒色火薬(有煙火薬)および無煙火薬がこれに属するが,黒色火薬は花火打上げ用以外には発射薬としてはあまり用いられなくなってきた。無煙火薬系発射薬の用途を表に示す。なお,ロケットに用いられるものはロケット推進剤(薬)と呼ばれる。【吉田 忠雄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

発射薬
はっしゃやく
gun propellantgun powder

銃砲の薬室内で燃焼し、発生したガス圧によって物体を発射するために用いる火薬。日本ではロケットを飛ばす推進薬と区別されている。発射薬としては黒色火薬(有煙火薬)と無煙火薬が用いられている。花火の打上げ用および火縄銃の演武用を除いては黒色火薬は発射薬として用いられなくなってきた。[吉田忠雄・伊達新吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

発射薬の関連情報