コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発射薬 ハッシャヤク

百科事典マイペディアの解説

発射薬【はっしゃやく】

弾丸を発射させるために使用する火薬。銃砲の薬室内で燃焼させ,発生する高圧ガスの圧力を利用して物体を発射させる。かつては黒色火薬が使われたが,現在はふつう無煙火薬が用いられる。
→関連項目火薬無煙火薬

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はっしゃやく【発射薬 gun propellant】

銃砲の薬室内で燃焼し,発生したガス圧によって物体を発射するために用いられる火薬。黒色火薬(有煙火薬)および無煙火薬がこれに属するが,黒色火薬は花火打上げ用以外には発射薬としてはあまり用いられなくなってきた。無煙火薬系発射薬の用途を表に示す。なお,ロケットに用いられるものはロケット推進剤(薬)と呼ばれる。【吉田 忠雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発射薬
はっしゃやく

装薬」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

発射薬
はっしゃやく
gun propellantgun powder

銃砲の薬室内で燃焼し、発生したガス圧によって物体を発射するために用いる火薬。日本ではロケットを飛ばす推進薬と区別されている。発射薬としては黒色火薬(有煙火薬)と無煙火薬が用いられている。花火の打上げ用および火縄銃の演武用を除いては黒色火薬は発射薬として用いられなくなってきた。[吉田忠雄・伊達新吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

発射薬の関連キーワード過塩素酸アンモニウムニトログアニジン硝煙反応検査オクトーゲン液体発射薬固体発射薬カノン砲軍用火薬吉田忠雄ライフル無反動砲弾道学火工品点火薬九二一火薬類薬莢弾道弾丸雷管

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android