コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガイスマイアー ガイスマイアーGaismaier, Michael

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガイスマイアー
Gaismaier, Michael

[生]1490頃.シュテルツィンク近郊
[没]1532.4.15. パドバ
ドイツ農民戦争の指導者の一人。鉱業経営者の子で,初めブリクセン司教の秘書などをつとめたが,1525年5月,チロルの反乱農民軍団の指揮官を引受け,戦争の敗北後はスイスに逃れ,H.ツウィングリとも接触して対ハプスブルク同盟の組織を試みた。農民戦争の綱領として書いた『チロルの国法』 Tiroler Landesordnungは一種の農民共和国を構想したもので,貴族,聖職者を廃絶し都市を農村に戻し,統治者を人民の直接選挙で選ぶという,きわめてユートピア的な性格をもつ。 26年ザルツブルクで再度の蜂起を試みたが失敗,イタリアに逃れ,その後も反ハプスブルク闘争の計画に熱中した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ガイスマイアーの関連キーワード足利義稙ウラディスラフ2世ヤゲロウェツサンガッロ慈照寺八尾空港伊勢神宮内宮周辺の駐車場足利義稙足利義政飛鳥井雅親クーザン

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android