コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガイゼリック Gaiseric; Geisericus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガイゼリック
Gaiseric; Geisericus

[生]390頃
[没]477
バンダル族の王 (在位 428~477) 。バエチカ (現アンダルシア) に定着したときに,バンダル族の支配者で兄のグンデリックの跡を継いで王に即位。バンダル族を率いて北アフリカに侵入し,ローマのアフリカ総督ボニファキウスを殺し,ローマと条約を結んでその同盟者となった。しかし 439年突如カルタゴを占領,そこを首都とするバンダル王国を建設。 455年にはローマに侵入し,占領。あらゆる財物をローマ市から略奪し,皇帝ウァレンチニアヌス3世の寡婦と2人の皇女を連れ去った。皇女の一人エウドキアはガイゼリックの長男フネリックの妃となった。さらにコンスタンチノープルを攻撃,ビザンチン皇帝ゼノに和を請わせた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ガイゼリックの関連キーワードアフリカ[ローマ属州]コンスタンチノープルボニファキウスマヨリアヌスバシリスクスオリブリウスバンダル族バエチカレオ1世バンダルローマ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android