コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガイセリック

2件 の用語解説(ガイセリックの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ガイセリック

ゲイセリクスとも。バンダル王(在位428年―477年)。民族大移動の際バンダル族を率いてイベリア半島から北アフリカに渡り,カルタゴを中心にバンダル王国を建設。シチリアなど西地中海の島々を征服,ローマ市を略奪,ギリシア方面を荒らしてビザンティン帝国を圧迫した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガイセリック
がいせりっく
Geiseric
(389?―477)

バンダル人の王(在位428?~477)。409年以降スペインに定住したバンダル人は、その後西ゴート人から圧迫されたため、429年彼は全バンダル人を率いてアフリカに渡り、439年カルタゴ市を占領してバンダル王国を建てた。442年バンダル貴族の反乱を鎮圧して、専制的権力を確立、カルタゴから継承した海軍力を背景に、西地中海の制海権を握り、コルシカサルデーニャ、シチリアを占領したほか、455年にはローマ市の略奪を行った。またアリウス派の立場から、カトリックの司教や大土地所有者を圧迫したので、ローマ系住民の反感を買い、彼の死後、王国は急速に衰退した。[平城照介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガイセリックの言及

【バンダル王国】より

…しかし実際には部族としてのまとまりは弱く,ローマ領アフリカの社会を変革する力をもつものでもなく,むしろこの王国は既存の体制を利用して急速に浮上した専制的支配者の国家,つまりローマ帝国そのものの分身にほかならなかった。 王国の実質的な建設者として重要な役割を果たしたのはガイセリックGeiseric王(?‐477。在位428‐477)であるが,429年に彼に従ってジブラルタル海峡を渡った部族民集団は,北ドイツやハンガリー地方からの長い移動の途次逐次合流した多様な部族民によって構成され,軍事指導者としてのガイセリック個人への帰服者の集団へと変質していた。…

※「ガイセリック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガイセリックの関連キーワードサンダルネストリウス派バンダル族スキャンダルバンダリズム健康サンダルソンダル岩ティンダル効果井芹経平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone