コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガウタマ ガウタマGautama

翻訳|Gautama

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガウタマ
Gautama

[生]50頃
[没]150頃
インド六派哲学の一つニヤーヤ学派の開祖。別名アクシャパーダ (足目) 。『ニヤーヤ・スートラ』の著者と伝えられる人物。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガウタマ【Gautama】

インドの哲学者。ニヤーヤ学派の伝承上の開祖。50‐150年ころの人。別名アクシャパーダ(足目)。ゴータマともいう。前6~前5世紀ころからインドで発達してきた論証(ニヤーヤ)学を,正統バラモン主義の立場から体系化し,《ニヤーヤ・スートラ》を編んだと伝えられる。〈知識手段〉をはじめとする独特の16原理を立てたが,その実質は多くの場合バイシェーシカ学派の哲学体系の流用であったため,後世,両派の融合を見るにいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガウタマ
がうたま
Gautama
(50―150ころ)

インドの思想家。別名アクシャパーダ、漢訳名は足目(そくもく)。インド六派哲学の一つであるニヤーヤ学派の開祖とされる。紀元前5、6世紀ころから発展してきた論証(ニヤーヤ)学を、正統バラモン主義の立場からまとめあげ、5篇(へん)10章よりなる『ニヤーヤ・スートラ』(現存のものは3世紀ころに完成したと思われる)を編んだと伝えられる。知識手段や知識対象をはじめとする16の原理をたてたが、その哲学的基礎は、多くはバイシェーシカ学派からの借りものであったため、後世、両学派の融合をみるに至った。[宮元啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ガウタマの関連キーワード赤穂浪士一覧倍速ノリウッド映画入湯税脳の本ブーム新宮澤構想『ミシュランガイド 東京 2010』ミシュランガイドミシュランNゲージ

ガウタマの関連情報