ガウタマ(英語表記)Gautama

翻訳|Gautama

世界大百科事典 第2版の解説

ガウタマ【Gautama】

インドの哲学者。ニヤーヤ学派の伝承上の開祖。50‐150年ころの人。別名アクシャパーダ(足目)。ゴータマともいう。前6~前5世紀ころからインドで発達してきた論証(ニヤーヤ)学を,正統バラモン主義の立場から体系化し,《ニヤーヤ・スートラ》を編んだと伝えられる。〈知識手段〉をはじめとする独特の16原理を立てたが,その実質は多くの場合バイシェーシカ学派の哲学体系の流用であったため,後世,両派の融合を見るにいたった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガウタマ
がうたま
Gautama
(50―150ころ)

インドの思想家。別名アクシャパーダAkapda、漢訳名は足目(そくもく)。インド六派哲学の一つであるニヤーヤ学派の開祖とされる。紀元前5、6世紀ころから発展してきた論証(ニヤーヤ)学を、正統バラモン主義の立場からまとめあげ、5篇(へん)10章よりなる『ニヤーヤ・スートラ』(現存のものは3世紀ころに完成したと思われる)を編んだと伝えられる。知識手段や知識対象をはじめとする16の原理をたてたが、その哲学的基礎は、多くはバイシェーシカ学派からの借りものであったため、後世、両学派の融合をみるに至った。[宮元啓一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android