コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガジアンテップ ガジアンテップ Gaziantep

2件 の用語解説(ガジアンテップの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ガジアンテップ(Gaziantep)

トルコ南東部の都市。シリアとの国境から約60キロメートルに位置する。古くはアンテプまたはアインタプと呼ばれた。第一次大戦後の祖国解放戦争において、フランス軍に対して勇敢に抗戦したことを称え、「ガジ(戦士)」の称号が与えられた。道路交通の要衝で、食品工業織物工業が盛ん。周辺は同国有数のピスタチオの産地。東ローマ帝国ユスティニアヌス1世が建造したガジアンテップ城がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガジアンテップ
がじあんてっぷ
Gaziantep

トルコ、小アジア半島の南東端に近く、シリア国境の北60キロメートルに位置する内陸都市。ガジアンテップ県の県都。人口85万3513(2000)。道路交通の要衝で、食料品、繊維などの工業が発達する。付近の農村は、ナッツの一種であるピスタチオの大産地である。市中には6世紀中期のビザンティン時代にまでさかのぼる砦(とりで)や、11世紀につくられたエメリエ・モスク、考古博物館などがある。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガジアンテップの関連キーワードチキムラパレンバンモンクトンアンティオキアイタリアトルコ戦争ザイェチャルズノイモタッシリナジェールマヤパンРупите

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガジアンテップの関連情報