コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガスペ ガスペGaspé, Philippe Aubert de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガスペ
Gaspé, Philippe Aubert de

[生]1786.10.30. ケベック
[没]1871.1.29. ケベック
カナダの作家,法律家。フランス系カナダ文学の最初の傑作『往時のカナダ人たち』 Les Anciens Canadiens (1863) の作者。 19世紀中葉の民族主義の高まりのなかで 76歳にして,このイギリスによる征服 (1760) の時代を扱った歴史小説を書いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガスペ
がすぺ
Philippe Aubert de Gasp
(1786―1871)

カナダの小説家。フランス系。ケベック州南部のサン・ジャン・ポール・ジョリの領主。18世紀なかばに、フランス系カナダの領有をめぐって展開される英仏両勢力の争いと、その最終的な決着とを、スコットのウェーバリー小説風の、恋愛と時代習俗の考証とを織り交ぜた歴史小説『往時のカナダ人』(1863)に描き出した。フランス系カナダ文学の最初の重要な作家である。[西本晃二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のガスペの言及

【ガスペ半島】より

…洪積世には大陸氷河におおわれていたため,現在小さな氷河湖が散在する。1534年フランス人探検家J.カルティエが訪れ,現在のガスペ市のあたりに大十字架を建て,カナダをフランス領と宣言したといわれる。住民にはフランス系が多い。…

※「ガスペ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガスペの関連キーワードトリアッティ(Palmiro Togliatti)キリスト教民主党[イタリア]カルロ スフォルツァガニベ・イ・ガルシアイタリア・イレデンタA. ファンファーニセントローレンス川セントローレンス湾アパラチア[山脈]ミグアシャ国立公園キリスト教民主党アンドレオッティデ・ガスペーリプシロフィトンファンファーニアンドレオッチムッソリーニガスペー半島菱ニッケル鉱ロッセリーニ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android