コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガス化溶融炉 ガスカヨウユウロ

デジタル大辞泉の解説

ガスか‐ようゆうろ〔‐クワ‐〕【ガス化溶融炉】

廃棄物焼却炉の一。ガス化炉と溶融炉を組み合わせてゴミを処理するシステム。ゴミを低酸素状態で蒸し焼きにして可燃ガスと炭に分離した後、セ氏1300度以上の高温で燃やす。ダイオキシンの発生量が少なく、排熱を利用して発電や熱供給を行えるため、コジェネレーションシステムを構築することが可能。燃え残りである溶融スラグ路盤材として再利用できる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガス化溶融炉
がすかようゆうろ

廃棄物を、熱分解ガス化工程を経て1300~1400℃の高温で溶融する焼却炉。熱分解炉と高温溶融炉を組み合わせた方式や、溶鉱炉の技術を転用してコークスと石灰石を使って処理する方式(シャフト炉式)がある。ガス化溶融炉は、高温処理するためにダイオキシンの発生が少ないことや、残渣(ざんさ)は灰ではなくスラグ状になり従来の焼却方式の約半分にまで減らせること、スラグは骨材として再利用が可能であることなどの特長がある。一方で、運転コストが高くなること、運転管理がむずかしいなどの問題もある。国内の一般廃棄物焼却施設1243のうち、ガス化溶融炉は92である(2009年度)。[山本耕平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ガス化溶融炉の関連キーワードごみ処理山本耕平溶融飛灰