残渣(読み)ザンサ

岩石学辞典の解説

残渣

の中の隙間を埋めた物質で,暗色不透明で2μmの粒度までの細かいマイクリナイト(micrinite)の粒状物質を含んでいる[Kellet : 1928].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ざんさ【残渣】

溶解・濾過ろかなどのあとに残った不溶物。残りかす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ざん‐さ【残渣】

〘名〙 残りかす。溶解や瀘過(ろか)をした時、あとに残った不溶物。また、比喩的に物事の名残。
※モダン化粧室(1931)〈ハリー牛山〉「果物や馬鈴薯の皮を努めて食べる事も必要であります。〈略〉之はゆるい肉又は鶏卵の残渣(ザンサ)を固めますから」
※フィクションについて(1948)〈佐々木基一〉「貴族社会の最後の残渣(ザンサ)が、〈略〉次第に減亡して行く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

残渣の関連情報