ガブリエル ミロ(英語表記)Gabriel Miró

20世紀西洋人名事典「ガブリエル ミロ」の解説

ガブリエル ミロ
Gabriel Miró


1879 - 1930
スペインの小説家。
創作活動のかたわら市史編纂委員、新聞記者、役人など務める。小説のプロットの展開は二義的な意義しかもたず、叙述よりも描写が、行為よりも環境が問題であった。読後一枚一枚の画像が鮮明に焼き付けられる印象主義的な小説で、豊かな感覚と洗練された文体は、他の現代作家の追随を許さない。代表作に、「シグエンサの書」(1917年)、「われらの神父サン・ダニエル」(’21年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android