コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルボルク

百科事典マイペディアの解説

ガルボルク

ノルウェーの作家。方言系のランスモール(ノルウェー語)で書いたため国外には知られなかったが,思想的深さをもつ力強い作家で本国での評価は高い。代表作は《自由思想家》《百姓学生》(1883年),《男性》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガルボルク【Arne Garborg】

1851‐1924
ノルウェーの世紀末小説家。ランスモール(方言語彙を集めてつくられた言語)で書き,その国語化に尽くした。農夫の父は厳格な敬虔派で宗教的苦悶から自殺,彼の一生に影を落とした。代表作《田舎出の学生》(1883)は都会に出た田舎学生の苦悩を描く自然主義作品。やがて宗教的主題に傾き,《疲れた男》(1886),《平安》(1892),戯曲《教師》(1896)ではキリスト教倫理を追求して敗れる男を,抒情的な物語詩《地の精》(1895)では勝利する女の姿を描いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガルボルクの関連キーワードエイリフ ペーテルセントルストイ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android