コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガロデット ガロデットGallaudet, Thomas Hopkins

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガロデット
Gallaudet, Thomas Hopkins

[生]1787.12.10. アメリカ,ペンシルバニア,フィラデルフィア
[没]1851.9.10. アメリカ,コネティカット,ハートフォード
アメリカの聾唖学校創設者。フランス人のユグノーの家系に生れ,エール大学を卒業,さらにアンドーバーの神学校で神学を学ぶ。一生を聾唖教育に捧げる決心を固め,渡欧してパリのシカールとイギリスのブレイウッド,その後継者ワトソンの教育法を学んだ。 1816年アメリカに戻り,コネティカット州ハートフォードに聾唖学校を設立。 30年に健康を害して隠退するまで同校の経営に尽力し多大の成果を収めた。かたわら種々の慈善事業にも尽した。長子のトーマス (1822~1902) は 51年にイギリス国教会の牧師に叙任されたが,生涯の大半を聾唖者への布教に捧げ,ニューヨークの聖アン教会やプキプシーのガロデット聾唖養老院を中心に活躍した。末子のエドワード (1837~1917) もワシントン D.C.に聾唖学校を設立し,その一部はガロデット・カレッジに発展した。彼はこの分野の先進的指導者としてヨーロッパの教育法を学び,多くの論文を発表した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ガロデットの関連キーワードデフ・シアター

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android