コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーンチャナブリー県 ガーンチャナブリーKanchanaburi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガーンチャナブリー〔県〕
ガーンチャナブリー
Kanchanaburi

タイ西部,ミャンマーに接する県。県都ガーンチャナブリー。山岳地帯が多く降水量も多い。チャオプラヤー川の平野とミャンマーのモーラミャインを結ぶ古い通商路が通る。県都北西方のメークローン川とクウェーヤイ川,クウェーノイ川(クワイ川)の合流点は,第2次世界大戦中,日本軍が泰緬鉄道の建設にイギリス軍など連合軍の捕虜や現地の人々を使役し,多数の死者を出した場所として有名で,映画『戦場にかける橋』The Bridge on the River Kwai(1957)の舞台となった。おもな産業は林業,農業。北部のボープロイはルビー,サファイアを産する。面積 1万9486km2。人口 64万1000(1990推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ガーンチャナブリー県の関連キーワードバン・カオ遺跡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android