コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャオプラヤー川 チャオプラヤーがわ Maenam Chaophraya

3件 の用語解説(チャオプラヤー川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャオプラヤー川
チャオプラヤーがわ
Maenam Chaophraya

タイ中央部を縦断する同国最大の河川。全長 365km。チャオプラヤーは最高位の官爵を意味し,また「川」を意味する「メナム」とも呼ばれる。ピン川,ナーン川ナコンサワン付近で合流してチャオプラヤー川になり,国の中心部をなす広大な沖積平野を形成してタイ湾に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チャオプラヤー‐がわ〔‐がは〕【チャオプラヤー川】

タイ中部を貫流する川。北部の山地に源を発し、タイランド湾シャム湾)に注ぐ。全長1200キロ。上流域の山地はチーク材の産地、下流域は穀倉地帯。河口近くにバンコクがある。メナム‐チャオプラヤー。メナム川

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャオプラヤー川
ちゃおぷらやーがわ
Menam Chaophraya

タイ中部を流れる同国最大の川。通称メナム川(「メナム」はタイ語で川の意)。北部の山岳地帯に源を発するワン川を支流にもつピン川と、ヨム川を支流にもつナン川が、ナコン・サワンで合流してチャオプラヤー川となり、南下してチャイナート以南でチン川などを分流して本流とともにチャオプラヤー・デルタを形成しつつタイランド湾に注ぐ。全長1200キロメートル。全流域が造陸帯に属し、山地は標高1300メートルほどで一般に緩傾斜である。ピン川流域にはチエンマイ盆地がある。チャイナートまでの中流は東西を山地に囲まれる。下流のチャオプラヤー・デルタは、無数の水路が通じ、タイ最大の穀倉地帯となっている。本流に沿って古都アユタヤや首都バンコクがある。河口より85キロメートルまでは平均水深が10メートル、もっとも深い所は21メートルもあり、勾配(こうばい)は1000分の0.01でほとんど水平に近い。このため古くから河川交通が盛んである。また灌漑(かんがい)を目的とするチャイナート・ダムの建設などチャオプラヤー総合開発計画が進められている。[大矢雅彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャオプラヤー川の関連キーワードシェラン島バン湖サンペドロスーラアマゾナスオルホン滝ガリープダムイラワジ[川]タウポ[湖]バルカン[山脈]ビラートナガル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャオプラヤー川の関連情報