コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーラミャイン

デジタル大辞泉の解説

モーラミャイン(Mawlamyine)

ミャンマー南部の都市。モン州の州都。旧称モールメイン。同国第三の規模をもつ。アンダマン海モッタマ湾に注ぐサルウィン川の河口付近に位置する。古くから天然の良港として知られ、交易の拠点となった。米、木材、茶、ゴムの積出港。1827年から1852年まで英領ビルマの首都。移住したモン族が多く居住する。モウラミャイン。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーラミャイン
Mawlamyine

ミャンマー南部,モン州の州都。モールメイン Moulmeinとも呼ばれる。タンルウィン川河口に発達した港湾都市で,モン州とタニンダーイー管区の政治,経済の中心地。古くから農産物,木材,水産物などの積出港として,また木材加工,精米などの工業地域として栄え,ヤンゴンシットウェーとともに沿岸交易の拠点でもあった。雨量が多く,年間を通じて湿度の高い典型的な熱帯雨林気候。北方約 50kmにはカイン州の州都パアンがあり,タンルウィン川の急流とあわせた観光基地ともなっている。ビルマ人のほか,モン族カレン族が居住。政府軍の南西軍管区司令部が置かれている。2006年,タンルウィン川の対岸にあるモウッタマとの間に橋がかけられた。人口 40万5800(2004推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モーラミャインの関連キーワードチャイタンランパゴダガーンチャナブリー県タンルウィン[川]ウィンセントーヤガウンセー島チャイカミータンビュザヤサッセタトンベイッイエ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モーラミャインの関連情報