コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガ行鼻音 ガギョウビオン

デジタル大辞泉の解説

がぎょう‐びおん〔がギヤウ‐〕【ガ行鼻音】

呼気が鼻腔へ流れ出て発せられるガ行の子音。現代東京語では、原則として、語頭以外のガ行音に現れる。例えば、「カガミ」のガ、「ニンゲン」のゲなど。ガ行鼻濁音
[補説]日本語の標準的な発音で、音声記号では[ŋ]で表す。仮名表記では普通の濁音と区別しないが、必要に応じて「゛」の代わりに「゜」を用いて、「カミ」「ニンン」などとする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がぎょうびおん【ガ行鼻音】

ガ行音を鼻から息を抜いて発音する時に発声される音。音声記号 [ŋ] で示す。東京語などでは、多く語頭以外に現れる。「カガミ」「タマゴ」など。ガ行鼻濁音。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガ行鼻音
がぎょうびおん

日本語のガ行の子音は、文節の頭では破裂音[g]で発音されるが、文節の内部では方言によってさまざまで、[g]のほかに鼻音の[]、あるいは[g]の前に軽い鼻音が入る[g]で発音される。この[]で発音される文節内部のガ行音をガ行鼻音(またはガ行鼻濁音)といい、標準的な発音とされてきたが、現在東京その他の若年層ではしだいに[g]が増加する傾向にある。
 文節の内部といっても、複合の度合いの弱いものは鼻音化せず、東京語では次のようなものは鼻音化しない法則がある。(1)擬声・擬態語の類(ガラガラ、グーグー)、(2)数詞の五(ジューゴ、ゴヒャクゴジュー)、(3)軽い接頭辞のつくもの(オゲンキ、フゴーカク)、(4)後部の語頭がガ行音で、複合の度合いの弱いもの(コートーガッコー、マドガラス)など。[秋永一枝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のガ行鼻音の言及

【鼻濁音】より

…〈ガ行鼻音〉ともいう。音声学的にいえば[]の音のこと。…

※「ガ行鼻音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガ行鼻音の関連キーワードが行・ガ行音声記号濁音

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android