コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キッコウグサ(亀甲草) キッコウグサDictyosphaeria cavernosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キッコウグサ(亀甲草)
キッコウグサ
Dictyosphaeria cavernosa

緑藻類ミドリゲ目バロニア科の海藻。本州太平洋岸中南部,九州西北岸をはじめとし,南西諸島東シナ海から広くマレー諸島ポリネシアオーストラリアインド洋大西洋に分布する。潮間帯から低潮線以下の岩石上に着生する。1~3cmの球状ないし半球状,長楕円形で淡い緑色をしている。質は硬く,1層の細胞層からできていて中空である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キッコウグサ【キッコウグサ(亀甲草) Dictyosphaeria cavernosa (Forssk.) Boerg.】

大きさ1~3cm(イラスト)。中空の球状または半球形のバロニア科の海産緑藻で,植物体は肉眼で見える大きさの細胞でできている。和名は,この細胞の配列の様子がカメの甲羅の模様を思わせることに由来する。各細胞は内部に幾つかの球状の娘細胞を分離してつくる能力がある。娘細胞が大きさを増すことにより,個体全体も大きくなる。熱帯および亜熱帯地方の潮間帯岩上に生育し,日本では三浦半島以南に分布する。近縁の種に中実なムクキッコウグサD.versluysii Weber v.Bosseがあり,熱帯および亜熱帯海域に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android