コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツネノエフデ(狐絵筆) キツネノエフデ Mutinus bambusinus (Zoll.) Fisch.

1件 の用語解説(キツネノエフデ(狐絵筆)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キツネノエフデ【キツネノエフデ(狐絵筆) Mutinus bambusinus (Zoll.) Fisch.】

担子菌類腹菌目スッポンタケ科のキノコイラスト)。はじめは白い柔らかい殻に包まれ,大きさ形ともトカゲの卵に似る。殻を破って伸び出るキノコは先が角状にとがった円柱状,質はスポンジに似て多孔質だがもろい。下半部は白く上半部は赤みをおびる。上端は濃い赤色,その上に強い悪臭を放つ黒褐色の粘液でおおわれる。これは胞子の集りで,においにひかれたハエによって胞子は伝播される。夏~秋,畑,林,庭などの有機物に富んだ地上に生える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キツネノエフデ(狐絵筆)の関連キーワード担子菌類鼈茸すっぽんぽん担子器毒茸発光菌蟻茸黄占地鼈擬キノコ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone