コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツネノロウソク

百科事典マイペディアの解説

キツネノロウソク

北半球の温帯に広く分布するスッポンタケ科のキノコ。秋,林内地上に発生。初めはウズラの卵大の白色の塊だが,次いでその上端を破って,淡紅色で,蝋細工のような10cmたらずの菌体をのばし,先端は円錐形の頭部となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キツネノロウソク
きつねのろうそく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のキツネノロウソクの言及

【キツネノエフデ(狐絵筆)】より

…分布は世界的。これに似るが朽木に生え,頭部と茎の部分との境界がはっきりしているのがキツネノロウソクM.caninus (Pers.) Fr.である。北半球に広く分布。…

※「キツネノロウソク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キツネノロウソクの関連情報