コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キバガ キバガ Gelechiidae; gelechiid moth

2件 の用語解説(キバガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キバガ
キバガ
Gelechiidae; gelechiid moth

鱗翅目キバガ科の昆虫の総称。小型のガで一般に翅は細長く,長い縁毛がある。触角は糸状で長く,前翅長を越えるものもある。下唇鬚も非常に長く,湾曲して上方に向き,牙状となって頭上に突出するためその名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キバガ
きばが / 牙蛾

昆虫綱鱗翅(りんし)目キバガ科Gelechiidaeの昆虫の総称。はねの開張10~20ミリメートルくらいの小形種を含む大きい科で、全世界に分布し、日本からは約80種が知られている。下唇鬚(かしんしゅ)が牙(きば)状に突出しているので、その特徴が科名となっているが、ほかの小ガ類にも同じような特徴を示す種は少なくない。はねは細長く、前翅が細長い四辺形の種が多い。ほとんど夜行性で、灯火に飛来する。幼虫のなかには、農林業上きわめて著名な害虫があり、なかでもジャガイモキバガ(ジャガイモのほかナス科の害虫)、バクガ(イネ、ムギ、トウモロコシの害虫)、ワタアカミムシガ(ワタのほかオクラなどアオイ科の害虫)などは、世界的にみても著名な害虫で、熱帯圏を中心に広がり、日本にも侵入し、土着している。そのほかイモキバガは、サツマイモ畑に発生して、かなりの害を与えることがある。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キバガの関連キーワードシタバガ蝙蝠蛾尺蛾透翅蛾毒蛾虎蛾広頭小蛾イモキバガ(薯牙蛾)キバガ(牙蛾)ヒゲナガガ(髭長蛾)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キバガの関連情報