キュウリモザイクウイルス

百科事典マイペディアの解説

キュウリモザイクウイルス

略称CMV。植物ウイルスの一種。キュウリをはじめ,双子葉・単子葉の草本木本(もくほん)の45科,190種以上の植物に寄生し,モザイク病を引き起こす。アブラムシによって伝染するが,機械的接種もできる。ウイルス粒子は3種あり,感染にはそのすべてが必要である。いずれも直径30nmの球状で,外被タンパク質は共通だが,内部に含まれる1本鎖RNAの種類(塩基配列)が異なる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

プチプラ

値段が安いことを表す日本の俗語。「プチ(小さい)プライス(価格)」の略。ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android