コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キラウェア[山] キラウェア

2件 の用語解説(キラウェア[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

キラウェア[山]【キラウェア】

米国,ハワイ州ハワイ島南東部にある活火山。標高1222m。扁平な楯(たて)状火山をなす。約10km2に及ぶカルデラは溶岩噴出時には溶岩湖となり,しばしば流動性の強い溶岩があふれ出て海岸まで達し,農地や集落に被害を与える。
→関連項目ハワイ[島]ハワイ火山国立公園ハワイ式噴火ヒロマウナ・ケア[山]マウナ・ロア[山]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キラウェア[山]【Kilauea】

ハワイ島南東部の活火山。標高1247m。体積約700km3。海底部分を含めると1万9000km3。マウナ・ロア山腹上,南東にある楯状火山ソレアイト質カンラン石玄武岩のおもに厚さ数m以下の溶岩流よりなる。山頂に約2km×3kmのキラウェア型カルデラがあり,その南西部に活火口ハレマウマウHalemaumauがある。噴火は山頂部のほか,山頂から南西と東に延びて海底に達するリフト帯から起こる。東北東―西南西方向の割れ目からの噴火が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のキラウェア[山]の言及

【火山】より

…これには中心噴火による場合と,長大な割れ目から噴出する割れ目噴火による場合がある。ハワイの火山は割れ目噴火による楯状火山の代表例で,キラウェア火山のハレマウマウは陥没火口である。
[溶岩台地,火砕流台地]
 溶岩の流動性が著しく,大量の溶岩が次々に噴出した場合にはテーブル状の広い台地をつくる。…

※「キラウェア[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone