コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キラーアプリケーション きらーあぷりけーしょん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

キラーアプリケーション

特定の分野に利用されるアプリケーションの中で、対応するハードウェアを購入させるような、圧倒的な魅力を持ったアプリケーションのこと。すでに存在するアプリケーションが持っている地位を奪ってしまうほどの破壊力を持ったアプリケーションという意味で名づけられた。高度な機能を備えており、その分野での作業効率を大幅に向上できる。たとえば、Photoshopフォトレタッチソフトの、QuarkXPressはページレイアウトソフトのキラーアプリケーションである。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キラーアプリケーション
きらーあぷりけーしょん
killer application

特定のハードウェア、OS(オペレーティングシステム)、サービスなどの購入・利用に強い動機付けを与えるアプリケーション(アプリ)。キラーアプリともいい、ゲーム機の場合、「キラーソフト」とよばれることが多い。同じ分野内で他の同種の製品やサービスの存在を脅かすほどの力をもつこと・ものに『キラー』を付与する表現があり(「キラーコンテンツ」「キラーサービス」など)、その一例である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キラーアプリケーションの関連情報