コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリシマツツジ きりしまつつじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリシマツツジ

クルメツツジ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キリシマツツジ
きりしまつつじ / 霧島躑躅
[学]Rhododendron obtusum Planch.

ツツジ科の常緑低木。単にキリシマともいう。小枝をよく分枝し、葉は枝先に集まり、長倒卵形、長さ2~3センチメートルで質はやや厚い。4、5月、枝先に緋紅(ひこう)色、径3~4センチメートルの花を2、3個つける。花冠は5裂し、上部の弁に濃紅色の斑点(はんてん)がある。萼片(がくへん)は卵形で小さく5片あり、雄しべは5本で、花糸の下半部に粒状毛がある。果実は卵形で硬い毛を密生する。鹿児島県に野生するサタツツジR. sataenseとヤマツツジを主として、これにミヤマキリシマが加わってできたといわれる園芸品種である。花が朱紅色で二重咲きのヤエキリシマのほか、シロキリシマ、ベニキリシマなど品種が多い。正保(しょうほう)年間(1644~47)に薩摩(さつま)から大坂に初めて伝えられ、そして京都、江戸に広まり、品種も多くなった。その後、天保(てんぽう)年間(1830~43)に久留米(くるめ)の有馬藩士、坂本元蔵は200余品種の育種を行った。福岡県久留米地方は本種の栽培が盛んで、現在およそ300品種があり、クルメツツジの名でよばれている。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のキリシマツツジの言及

【ツツジ(躑躅)】より

…ツツジ科ツツジ属の低木または高木。葉は常緑または落葉性で互生し,鋸歯がなく,先端に水孔がある。花は鐘形ときに筒形で,先が5~8裂する。おしべは花冠裂片と同数か2倍あり,葯は先端に穴が開いて花粉を散らす。蒴果(さくか)は4~5室からなり,室の背面が縦に裂けて多数の小さな種子を散らす。世界に850種ほどが知られる。 ツツジ属Rhododendronは一般に,落葉性のツツジ類と常緑性のシャクナゲ類に分けられる。…

※「キリシマツツジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キリシマツツジの関連キーワードモチビョウキン(餅病菌)ヤマツツジ(山躑躅)キリシマ(霧島)鹿児島県霧島市ヒラドツツジヤマツツジ小林義雄大滝根山坂本元蔵霧島梅津

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キリシマツツジの関連情報