コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンエノコロ きんえのころ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンエノコロ
きんえのころ / 金犬子草
[学]Setaria glauca (L.) Beauv.

イネ科の一年草。稈(かん)は基部で分枝して斜上し、高さ20~70センチメートル。葉鞘(ようしょう)の縁(へり)は無毛。8~10月、稈の先に円柱状の花序をつける。花序の枝はごく短く、1個の花穂とその外側に刺(とげ)状の剛毛がつく。この毛は、不稔(ふねん)性の枝の変化したものと考えられる。小穂は長卵形で先が鈍くとがり、長さ約3ミリメートル。日本全土の荒れ地や道端に生え、広く北半球の温帯に分布する。名は金狗(きんいぬ)の子草の意味で、剛毛状の不稔枝が黄金色になるためである。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキンエノコロの言及

【エノコログサ】より

…海岸の砂丘に生えるエノコログサは穂が短く楕円形となって立ち,刺針が長く密生するハマエノコロS.viridis ssp.pachystachys Nemotoという亜種である。キンエノコロは穂が黄金色に熟し,葉が線形で長い1種であり,それに似て少し小型のコツブキンエノコロS.pallidefusca Schumach.は第2次大戦後新大陸から帰化した。アキノエノコログサS.faberii Herrm.は第2次大戦中中国から帰化した1種で,穂や小穂が緑であるが,エノコログサよりわずかに大きく,穂が9月以後に出てくる。…

※「キンエノコロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

キンエノコロの関連キーワード茶狗児茶狗尾不稔

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android