コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンエノコロ きんえのころ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンエノコロ

エノコログサ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンエノコロ
きんえのころ / 金犬子草
[学]Setaria glauca (L.) Beauv.

イネ科の一年草。稈(かん)は基部で分枝して斜上し、高さ20~70センチメートル。葉鞘(ようしょう)の縁(へり)は無毛。8~10月、稈の先に円柱状の花序をつける。花序の枝はごく短く、1個の花穂とその外側に刺(とげ)状の剛毛がつく。この毛は、不稔(ふねん)性の枝の変化したものと考えられる。小穂は長卵形で先が鈍くとがり、長さ約3ミリメートル。日本全土の荒れ地や道端に生え、広く北半球の温帯に分布する。名は金狗(きんいぬ)の子草の意味で、剛毛状の不稔枝が黄金色になるためである。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のキンエノコロの言及

【エノコログサ】より

…海岸の砂丘に生えるエノコログサは穂が短く楕円形となって立ち,刺針が長く密生するハマエノコロS.viridis ssp.pachystachys Nemotoという亜種である。キンエノコロは穂が黄金色に熟し,葉が線形で長い1種であり,それに似て少し小型のコツブキンエノコロS.pallidefusca Schumach.は第2次大戦後新大陸から帰化した。アキノエノコログサS.faberii Herrm.は第2次大戦中中国から帰化した1種で,穂や小穂が緑であるが,エノコログサよりわずかに大きく,穂が9月以後に出てくる。…

※「キンエノコロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キンエノコロの関連キーワード茶狗児茶狗尾不稔

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android