コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キングサリ キングサリ Laburnum anagyroides; golden-chain

2件 の用語解説(キングサリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キングサリ
キングサリ
Laburnum anagyroides; golden-chain

別名キバナフジマメ科の落葉小高木で,ヨーロッパ中・南部原産。樹高は7~10mになる。葉は3小葉から成る複葉で,互生。花は鮮黄色の蝶形花が長さ 20~30cmの円柱状の総状花序を形成し,下垂する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キングサリ
きんぐさり / 金鎖
[学]Laburnum anagyroides Medic.

マメ科の落葉小高木。高さ3~5メートル。和名は英名golden chainに基づく。一名キバナフジ。葉は3出複葉で長い柄があり、小葉は楕円(だえん)形、長さ3.5~7センチメートルで裏面に白い絹毛がある。5~6月、枝先の葉腋(ようえき)から長さ20~30センチメートルの総状花序を下垂し、鮮黄色の蝶形花(ちょうけいか)が多数開く。花は長さ約2センチメートルで、翼弁(よくべん)は竜骨弁(りゅうこつべん)より長い。果実は扁平(へんぺい)な線形で長さ5~7センチメートルで伏毛がある。ヨーロッパ中南部原産で、日本へは明治初期に渡来した。初夏の花木としてまれに植えられる。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キングサリの関連キーワード小梨小林檎夏藤庭藤八丈桑藤木豆桜麻幹花アセンヤクノキマメザクラ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone