キンモウワラビ(英語表記)Hypodematium crenatum (Forsk.) Kuhn ssp.fauriei (Kodama) K.Iwatsuki

世界大百科事典 第2版の解説

キンモウワラビ【Hypodematium crenatum (Forsk.) Kuhn ssp.fauriei (Kodama) K.Iwatsuki】

美しい金褐色の鱗片でおおわれる特徴的な根茎をもち,通常,石灰岩の割れ目に生じるメシダ科のシダ。根茎は短く匍匐(ほふく)し,背腹性があり,葉は背側にこみあってつく。根茎と葉柄基部にのみ長さ2cmの細長い金褐色鱗片が密生する。葉全体に白色の鋭くとがった毛がつく。葉は長さ30~50cmで,葉身は卵状三~五角形,3~4回羽状複葉,淡緑色である。胞子囊群は葉脈の背側につき,円腎形で表面に毛がある包膜でおおわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンモウワラビ
きんもうわらび / 金毛蕨
[学]Hypodematium fauriei Tagawa

オシダ科の夏緑性シダ。匍匐(ほふく)する根茎からまばらに3~4回羽状分裂する葉を生じ、細い褐色のつやのある鱗片(りんぺん)を密生する。胞子嚢(ほうしのう)群は葉脈の背側につき、円腎(えんじん)形の包膜をもつ。関東地方以南の、おもに石灰石上にまれに産する。[西田 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキンモウワラビの言及

【石灰岩植物】より

…たとえば,キバナコウリンカやチチブイワザクラは秩父地方,カワラウスユキソウやシライワコゴメグサは南アルプス,イワヤクシソウやヤマトレンギョウは阿哲地方,ヤハズマンネングサは高知県にそれぞれ固有である。また,チチブミネバリは北上山地と秩父地方に,キンモウワラビやイワツクバネウツギは本州・九州間の各所に分布する。【清水 建美】。…

※「キンモウワラビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android