コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンモウワラビ Hypodematium crenatum (Forsk.) Kuhn ssp.fauriei (Kodama) K.Iwatsuki

2件 の用語解説(キンモウワラビの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キンモウワラビ【Hypodematium crenatum (Forsk.) Kuhn ssp.fauriei (Kodama) K.Iwatsuki】

美しい金褐色の鱗片でおおわれる特徴的な根茎をもち,通常,石灰岩割れ目に生じるメシダ科のシダ。根茎は短く匍匐(ほふく)し,背腹性があり,葉は背側にこみあってつく。根茎と葉柄基部にのみ長さ2cmの細長い金褐色鱗片が密生する。葉全体に白色の鋭くとがった毛がつく。葉は長さ30~50cmで,葉身は卵状三~五角形,3~4回羽状複葉,淡緑色である。胞子囊群は葉脈の背側につき,円腎形で表面に毛がある包膜でおおわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンモウワラビ
きんもうわらび / 金毛蕨
[学]Hypodematium fauriei Tagawa

オシダ科の夏緑性シダ。匍匐(ほふく)する根茎からまばらに3~4回羽状分裂する葉を生じ、細い褐色のつやのある鱗片(りんぺん)を密生する。胞子嚢(ほうしのう)群は葉脈の背側につき、円腎(えんじん)形の包膜をもつ。関東地方以南の、おもに石灰石上にまれに産する。[西田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキンモウワラビの言及

【石灰岩植物】より

…たとえば,キバナコウリンカやチチブイワザクラは秩父地方,カワラウスユキソウやシライワコゴメグサは南アルプス,イワヤクシソウやヤマトレンギョウは阿哲地方,ヤハズマンネングサは高知県にそれぞれ固有である。また,チチブミネバリは北上山地と秩父地方に,キンモウワラビやイワツクバネウツギは本州・九州間の各所に分布する。【清水 建美】。…

※「キンモウワラビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キンモウワラビの関連キーワードケガニバイ秋茱萸一葉稲象虫猪の手冬芽松毛虫鱗片葉熊蕨

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone