コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギェレルプ ギェレルプ Gjellerup, Karl Adolph

3件 の用語解説(ギェレルプの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギェレルプ
ギェレルプ
Gjellerup, Karl Adolph

[生]1857.6.2. ロホルテ
[没]1919.10.11. クロッチェ
デンマークの小説家。牧師の子として生れ,神学を学んだが,ダーウィニズムなどの影響で無神論者を自認するようになり,初め自然主義作家として立ったが,のちゲーテ風の理想主義に近づき,ショーペンハウアーシラーワーグナーインド思想,仏教などに傾倒するなど思想的遍歴を重ねた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ギェレルプ(Karl Gjellerup)

[1857~1919]デンマークの小説家。無神論ヒューマニズムに立って、思想的作品を残した。1917年ノーベル文学賞受賞。作「一理想主義者」「ゲルマン族の弟子」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギェレルプ
ぎぇれるぷ
Karl Gjellerup
(1857―1919)

デンマークの小説家。牧師の家に生まれたが、ブランデスらの影響で無神論的ヒューマニストとなってキリスト教を棄(す)てる。古代ゲルマン精神やゲーテの崇拝家として『一理想主義者』(1878)、『ゲルマン族の弟子』(1882)などの小説、古典的な色彩の濃い悲劇『ブリュンヒルデ』(1884)その他の劇を書いたが、彼の精神的彷徨(ほうこう)はまだやまず、ドストエフスキーにひかれたり、仏教に凝ったりする。小説『ミンナ』(1889)、『カマニタの巡礼』(1906)、『世界放浪者たち』(1910)などがその後の代表作である。1917年、同じデンマークの小説家ポントピダンとともにノーベル文学賞を受賞した。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギェレルプの関連キーワード稲垣蘭圃ソロホーマーホルトの木濾胞ホルモンHRT三角数ヒドロホルミル化プロホルモンブロホルマークロロホルム麻酔

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone