コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギブスの自由エネルギー

栄養・生化学辞典の解説

ギブスの自由エネルギー

 Hをエンタルピー,Tを絶対温度,Sをエントロピーとしたとき,GH−TSで与えられるG.閉鎖系で等温等圧条件下では,Gが最小のところで平衡となる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ギブス‐の‐じゆうエネルギー〔‐ジイウ‐〕【ギブスの自由エネルギー】

熱力学的状態を表す量の一。物質または系のエンタルピーからその絶対温度エントロピーとの積を引いたもので表される。一定の圧力の下では、化学反応などの系の自発的変化はギブスの自由エネルギーを最小とする方向に向かい、その値が極小値をとるとき、系は平衡状態に達する。熱力学ポテンシャル。→自由エネルギー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ギブスの自由エネルギーの関連キーワード化学ポテンシャル化学親和力片山正夫

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android