ギムザ染色(読み)ギムザせんしょく(英語表記)Giemsa's stain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ギムザ染色」の解説

ギムザ染色
ギムザせんしょく
Giemsa's stain

血液の塗抹標本に用いる代表的な染色法であるが,そのほかリケッチアやクラミジア類,スピロヘータ類,細胞封入体の染色にも用いられる。ギムザ原液を pH6.4~6.6の精製水 1mlに1~2滴の割合で加えて混合し,これをメタノール固定した塗抹標本面に注ぎ,15~20分間染色する。血液塗抹標本では,赤血球はピンク,白血球の核は紫がかった青,好中性顆粒は紫桃色,好酸性顆粒は赤,好塩基性のものは濃暗紫青色に染まる。 1905年ドイツの化学者,細菌学者 G.ギムザ (1867~1948) が考案した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報