コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギムザ染色 ギムザせんしょくGiemsa's stain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギムザ染色
ギムザせんしょく
Giemsa's stain

血液の塗抹標本に用いる代表的な染色法であるが,そのほかリケッチアやクラミジア類,スピロヘータ類,細胞封入体の染色にも用いられる。ギムザ原液を pH6.4~6.6の精製水 1mlに1~2滴の割合で加えて混合し,これをメタノール固定した塗抹標本面に注ぎ,15~20分間染色する。血液塗抹標本では,赤血球はピンク,白血球の核は紫がかった青,好中性顆粒は紫桃色,好酸性顆粒は赤,好塩基性のものは濃暗紫青色に染まる。 1905年ドイツの化学者,細菌学者 G.ギムザ (1867~1948) が考案した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ギムザ‐せんしょく【ギムザ染色】

血液標本の顕微鏡検査で用いられる染色法。エオシンメチレンブルー、アズール色素を混合したギムザ液で染色する。ドイツのG=ギムザがマラリア病原虫の染色法として考案し、現在も用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ギムザ染色の関連キーワードハウエルトレポネーマ染色体地図メチレンオウム病リンパ球宮川小体白血球像血液検査細菌類

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android