ギャンツェ(江孜)県(読み)ギャンツェ(英語表記)rgyal rtse; Gyangze

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギャンツェ(江孜)〔県〕
ギャンツェ
rgyal rtse; Gyangze

中国西南地方,チベット (西蔵) 自治区南部,シガツェ (日喀則) 地区の県。ヒマラヤ山脈北麓ヤルン川の支流ニャン (年楚) 川の谷にある。ラサ (拉薩) 市からシッキムにいたる道路の要衝にあたる。行政中心地の城関は 1906年の中英同意書によって開市場となり,インドとの貿易が行われるとともに,イギリスの対チベット工作の拠点となった。谷は自治区の穀倉の一部をなし,ハダカムギ,小麦,菜種を産し,また水力発電所毛織物,皮革などの工場がある。チベット絨毯の産地としても有名。人口5万 5865 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android