コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギリヤーク語 ギリヤークゴ

百科事典マイペディアの解説

ギリヤーク語【ギリヤークご】

ニブヒ語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギリヤークご【ギリヤーク語 Gilyak】

アムール川下流地方とサハリン(樺太)で約2000人の話し手がいる。ロシアではアムール方言の〈人〉を意味する自称によって〈ニブヒ語Nivkhi〉として知られ,日本ではそのサハリン方言形をとって〈ニクブン語〉の名称も用いられてきた。1930年代にアムール方言を基礎とした文字が案出され,初等教科書が編まれた。語が結合した際に第2語の語頭で広範に生じる子音交替,名詞の抱合,対象によって異なる数詞などが特徴的。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ギリヤークご【ギリヤーク語】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界の主要言語がわかる事典の解説

ギリヤークご【ギリヤーク語】

ニブフ語」のページをご覧ください。

出典|講談社世界の主要言語がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギリヤーク語
ぎりやーくご

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例