ギリヤーク語(読み)ギリヤークゴ

世界大百科事典 第2版の解説

ギリヤークご【ギリヤーク語 Gilyak】

アムール川下流地方とサハリン(樺太)で約2000人の話し手がいる。ロシアではアムール方言の〈人〉を意味する自称によって〈ニブヒ語Nivkhi〉として知られ,日本ではそのサハリン方言形をとって〈ニクブン語〉の名称も用いられてきた。1930年代にアムール方言を基礎とした文字が案出され,初等教科書が編まれた。語が結合した際に第2語の語頭で広範に生じる子音交替,名詞の抱合,対象によって異なる数詞などが特徴的。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ギリヤーク‐ご【ギリヤーク語】

〘名〙 旧シベリア諸語に属する言語。アムール川河口地帯とサハリンで話される。現地では、ギリヤーク人の自称に基づいた名称ニブヒ語と呼ばれるのが普通。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android