コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギルバート法 ギルバートほう

大辞林 第三版の解説

ギルバートほう【ギルバート法】

〔提案者の Thomas Gilbert の名に因む〕
イギリスにおいて1782年に制定された救貧法。職業の斡旋や生活費の公的補助などにより貧民の処遇の改善を行なった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギルバートほう【ギルバート法 Gilbert’s Act】

18世紀末のイギリス経済の長期にわたる好況,小麦価格の安定,労働者階級の生活水準の上昇という社会的な状況を背景とする,いわゆるイギリス救貧法の〈人道主義化〉を確認した1782年法の一般的呼称。提案者であるギルバートThomas Gilbert(1720‐98)の名に由来する。この法は,教区連合をつくることによって行政区を拡大し,貧民行政の合理化と貧民処遇の改善を目的としていた。そのために労役場workhouseを老人・病人・孤児など労働能力のない貧民の救済施設と規定し,労働の意思と能力のある貧民については,原則として居宅で救済を行った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のギルバート法の言及

【救貧法】より

… このように過酷な貧民処遇に対して,人道主義的な農村地主はしだいに反対し始めた。とくに1782年のギルバート法では,労役場は保護施設と位置づけられ,請負制度は禁止された。さらに95年になると,ナポレオン戦争と凶作のため,農民窮乏が深刻となった。…

※「ギルバート法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ギルバート法の関連キーワードギルバート(Walter Gilbert)塩基配列決定法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android