コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救貧制度 きゅうひんせいど poor-relief system

2件 の用語解説(救貧制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

救貧制度
きゅうひんせいど
poor-relief system

自立できない社会的貧窮者に国家的援助を与える諸制度をいう。 1601年イギリス救貧法が制定されて以来,欧米各国では長い歴史をもつ。しかし貧困に対する観念は各時代によって変化した。イギリスでは,中世においては,キリスト教精神に依拠して有産者の貧困者に対する慈善の義務が強調された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうひんせいど【救貧制度】

貧困者救済制度であるが,単に救済だけでなく,ひろく治安維持を目ざした矯正,抑圧の意味を持つこともある。ヨーロッパの中世封建社会では教会などにより慈恵的な〈与える〉だけの施策がとられていたが,資本主義社会に入って大量の貧困者が発生し,国家など公的権力の責任において組織的対策がとられるようになった。
[イギリス]
 絶対王政期に入り救貧法Poor Lawが生まれた。農村における囲込み(エンクロージャー),封建家臣団の解体,宗教改革にあたっての国王による修道院没収などにより封建的農奴制は崩壊し,多数の浮浪貧民が生じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

救貧制度の関連キーワード行政救済救護法オウム被害者救済法救済権水俣病被害者救済法の救済対象水俣病被害者救済策処分と水俣病救済策救貧法および失業者救済に関する王命委員会《貧民救済制度意見》予防接種健康被害者救済制度

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone