コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クシェネック クシェネックKřenek, Ernst

1件 の用語解説(クシェネックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クシェネック
Křenek, Ernst

[生]1900.8.23. ウィーン
[没]1991.12.23. カリフォルニア,パームスプリングズ
オーストリアに生れ,アメリカに帰化したユダヤ系作曲家。 1916年以後,F.シュレーカーに作曲を学ぶ。 23~25年マーラーの次女と結婚。 25~27年カッセル国立歌劇場顧問。 27年ジャズの技法を取入れたオペラ『ジョニーは弾きはじめる』の初演が成功。 34年オペラ『カルル5世』が,ナチスの圧力で上演拒否にあい,38年渡米。ニューヨークのバッサー・カレッジ,ハムリン大学などで作曲科の教授となった。作風は多様で,後期ロマン派風の初期の作品から新即物主義的な作品へと変化し,さらにジャズの影響も加わり,1920年代末期にはシューベルト風のロマンティックな歌曲集を書いた。 30年代には,12音技法を採用。『新しい音楽について』 (1937) ,12音技法のための『対位法教程』 (40) などのすぐれた著書がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クシェネックの関連キーワードアンダーソンアンベールウォルシュ江口三省フロランムルデルグラノライトアリュート岩クラ岩三遊亭円朝(初代)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone