コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クジラグサ くじらぐさ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クジラグサ
くじらぐさ / 鯨草
[学]Descurainia sophia L.

アブラナ科の一、二年草。全体に白い軟毛があり茎は分枝し、高さ30~70センチメートル。葉は柄がなく、狭卵形、2回羽状に全裂し、裂片は倒披針(とうひしん)形。5~6月、小さな花を開き、花弁は黄色で狭い匙(さじ)形。長角果は狭線形。本州中部にまれにみられ、ヨーロッパ、アジアの温帯に分布する。名は、細く切れ込んだ葉をクジラのひげに例えたものといわれる。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクジラグサの言及

【アブラナ(油菜)】より

…マメグンバイナズナに似るが,果実は大きくなる。(6)クジラグサDescurainia sophia (L.) Webb ex Prantl (イラスト)ユーラシア大陸原産の高さ数十cmから1mに達する一~二年草。茎は直立し,少数の枝を出す。…

※「クジラグサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android