コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クチベニマイマイ クチベニマイマイ Euhadra callizona amaliae

2件 の用語解説(クチベニマイマイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クチベニマイマイ
クチベニマイマイ
Euhadra callizona amaliae

軟体動物門腹足綱オナジマイマイ科。殻高 2.3cm,殻径 3.5cm。殻はやや薄く,低い円錐形。螺塔は6階で,螺層はややふくらむ。殻表は白色で,体層では周縁の上にやや狭い,周縁の下の殻底にやや広い黒帯があり,さらに臍孔のまわりも黒い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クチベニマイマイ
くちべにまいまい / 口紅蝸牛
[学]Euhadra callizona amaliae

軟体動物門腹足綱オナジマイマイ科のカタツムリ。ハコネマイマイの亜種とされる。近畿地方から中部地方東部に普通にみられ、山野の樹林や宅地の生け垣にすんでいて、木に登る習性がある。殻高23ミリメートル、殻径35ミリメートルに達し、殻は白っぽく、普通黒色の帯が2本あり、臍孔(へそあな)の周りも黒い。しかし色帯の変異は大きく、まったく白いこともある。成貝では殻口が厚くなり反り返っていて、その縁が淡紅色であることから「口紅」の和名がついた。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクチベニマイマイの言及

【カタツムリ(蝸牛)】より

オナジマイマイ(イラスト)やウスカワマイマイ(イラスト)は全国に広く分布するが,都市や農耕地に多い。エゾマイマイ,サッポロマイマイは北海道,ムツヒダリマキマイマイ,オオタキマイマイは東北地方,ミスジマイマイ(イラスト),ヒダリマキマイマイは関東地方,クロイワマイマイは中部山地,ニシキマイマイやクチベニマイマイは近畿地方,セトウチマイマイ,サンインマイマイは中国地方,アワマイマイ,セトウチマイマイは四国地方,ツクシマイマイは九州地方,シュリマイマイは沖縄地方の代表的な種である。ヨーロッパでは食用カタツムリのエスカルゴが名高い。…

※「クチベニマイマイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クチベニマイマイの関連キーワードオナジマイマイ蝸牛軟体動物有肺類アフリカ舞舞後鰓類前鰓類象水母同蝸牛軟体類

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone