コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クチベニマイマイ Euhadra callizona amaliae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クチベニマイマイ
Euhadra callizona amaliae

軟体動物門腹足綱オナジマイマイ科。高 2.3cm,殻径 3.5cm。殻はやや薄く,低い円錐形。螺塔は6階で,螺層はややふくらむ。殻表は白色で,体層では周縁の上にやや狭い,周縁の下の殻底にやや広い黒帯があり,さらに臍孔のまわりも黒い。しかし,黒帯は個体により全部またはその一部を欠くことがある。殻口縁は淡桃色で多少厚くなり広がる。軟体は白く,頭足部の左右両側に黒縦帯があるが,背上にも黒縦帯の出ることもある。近畿・中部地方に分布し,樹上生。原種ハコネマイマイ E.callizonaは伊豆半島から関東の山地に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クチベニマイマイ
くちべにまいまい / 口紅蝸牛
[学]Euhadra callizona amaliae

軟体動物門腹足綱オナジマイマイ科のカタツムリ。ハコネマイマイの亜種とされる。近畿地方から中部地方東部に普通にみられ、山野の樹林や宅地の生け垣にすんでいて、木に登る習性がある。殻高23ミリメートル、殻径35ミリメートルに達し、殻は白っぽく、普通黒色の帯が2本あり、臍孔(へそあな)の周りも黒い。しかし色帯の変異は大きく、まったく白いこともある。成貝では殻口が厚くなり反り返っていて、その縁が淡紅色であることから「口紅」の和名がついた。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクチベニマイマイの言及

【カタツムリ(蝸牛)】より

オナジマイマイ(イラスト)やウスカワマイマイ(イラスト)は全国に広く分布するが,都市や農耕地に多い。エゾマイマイ,サッポロマイマイは北海道,ムツヒダリマキマイマイ,オオタキマイマイは東北地方,ミスジマイマイ(イラスト),ヒダリマキマイマイは関東地方,クロイワマイマイは中部山地,ニシキマイマイやクチベニマイマイは近畿地方,セトウチマイマイ,サンインマイマイは中国地方,アワマイマイ,セトウチマイマイは四国地方,ツクシマイマイは九州地方,シュリマイマイは沖縄地方の代表的な種である。ヨーロッパでは食用カタツムリのエスカルゴが名高い。…

※「クチベニマイマイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android